川崎町のシンボルについて

 
町章
川崎町のシンボルである、この町章は、三本の部分/「川」の字を図案化したものです。
尖部はさき(川崎の「さき」)、 周りは町民の手をあらわしています。 「川崎町を町民の手ではぐくみながら、限りなく前進していく姿」をあらわしており、 昭和63年3月10日に、町政施行50周年記念として制定されました。
デザインは公募により決定されました。
 
川崎町の花
川崎町の花―――「ひまわり」。太陽のように明るい町になることを願い、 昭和63年3月10日、町政施行50周年記念として制定されました。
 
川崎町の木
川崎町の木―――「イチョウの木」。大きく、たくましく、すくすく伸びることを願い、 昭和63年3月10日、町政施行50周年記念として制定されました。
 
サイト内検索

【企業PR】